Logic Delight

明日のワシは忘れてしまうから、コードにはコメントを書くのです。

んなことやってる場合かというタイミングに限ってやる気が起こる

今さらVim

オジサンが何を今さら的なタイミングであることは重々承知の上で、Vimの練習を開始した。

Windowsでは、TeraPad→某有名エディタ→サクラエディタ→SublimeTextと色々なテキストエディタを渡り歩いてきて、どのエディタにも満足はしているが、Macでいい感じのヤツに出会えず、SublimeTextとGoogle日本語入力の相性の悪さ(サジェスト機能を選択するときのTabキーとかEnterキーがエディタ側に誤検知される嫌な感じ)がどうにも解消できず、彷徨い歩いて行き着く先の現在候補がなんとVim、と。

Unix/Linuxの環境ではそれなりにviの基本機能は使って最低限の編集操作はできていたのだが、今度目指すのはそんなのではなく、いわゆるVimmerっていう領域を夢見て。。。

とりあえず、MacVimのダウンロードとインストール

splhack/macvim-kaoriya
https://github.com/splhack/macvim-kaoriya

うん、簡単な動作確認がてら、Google日本語入力との相性(Tabキーで変な動作として拾われないか)とか試してみた限りはいい感じいい感じ。次に、チートシートの印刷。

vim-cheatsheet.pdf
http://www.namaraii.com/files/vim-cheatsheet.pdf

んで、チュートリアルを最初からトライ!←今ココ

チュートリアルvimエディタの使い方を覚えよう — 名無しのvim使い
http://nanasi.jp/articles/howto/install/tutorial.html

よし、この調子で全てひと通り終えた頃には、噂に聞く「3倍コーディングが速いVimmer」になれるのか?!そもそも、そんなことしている場合なのか!?