読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Logic Delight

明日のワシは忘れてしまうから、コードにはコメントを書くのです。

Gitまわり久しぶりに触ってハマったログ

  • 久しぶりにGitHubに新しいリポジトリを追加してclone、ファイルを追加してcommit -> push したらエラーになってpushできない。
  • 試しにBitBucketで仮リポジトリを作って、リモートに追加して同内容をpushしたら、こっちはすんなりできた。
  • エラーの内容("git-credential-sourcetree" Error)でググってみたら、こんなのが出てきた。
    • 「それは git/HTTPS 1.9.3の問題で、1.9.3.1では解消されてるよ」という一文が目についた。
    • terminal で git --version してみたら、確かに git version 1.9.3 (Apple Git-50) と出てドンピシャなり。
  • ココらへんを参考にGitのバージョンアップをしてみる。
    • この中にある手順で、ふと /usr/local/bin を ls -l した時に、GitHub.app (GitHub App for Mac)の残骸symlinkの存在に驚愕する。味見の副作用がこんなところに・・・。
  • こんなものが、それなりにGoogleさん的に有名になっていたので内容確認の上でshellファイルに落として実行してGitHub.app関連のキレイキレイを完了。こんなモノが出まわるほどに困ったちゃんなヤツだったんですな。やれやれ
  • で、git --version が git version 2.2.1 となった上で、再度GitHubにpushしてみるも、まだエラー
  • よくよく見てみると、origin のURLが ssh ではなく、https になっている。
    • ちなみに、BitBucketのURLは ssh だった。
    • origin(GitHub)のURLをsshのモノに変えてみたら、すんなりpushできた。そこか
  • Connecting over HTTPS の方が今では recommended らしいので、今度やってみよっと。

https://help.github.com/articles/caching-your-github-password-in-git/